2010年12月号

社員を追い詰める「加速の罠」

慢性的な過負荷からの脱却

ハイケ・ブルッフ

ハイケ・ブルッフ

ザンクト・ガレン大学 教授

ヨッヘン I. メンジス

ヨッヘン I. メンジス

ケンブリッジ大学 ジャッジ・ビジネス・スクール 講師

もしも社員に対して、毎日、そして何カ月にもわたって、常に加速した状態で仕事をするよう努力しろと要求すれば、彼ら彼女らのエネルギーは消耗し、ひいては企業の業績も悪化してしまう。そのような「加速の罠」から脱却するために、経営幹部は早急に方策を立てなければならない。 まずビジネス戦略を明確にすることだ。その後に、危機的状況が終結したことを宣言し、社員に重要度の低い仕事を放棄させる。そして、再びこのような罠に落ちないためには、活動を中止するための一連の計画を策定し、会社の目標数を制限し、プロジェクト・マネジメントにより凡庸なアイデアを除外するようにシステム化する。また、スピード重視の文化を見直す期間を設ける、焦点を絞る、一つのことだけに集中させて焦点を絞る。さらに、社員に「息抜き」をさせる休息期間を義務づけることも大切である。

ハイケ・ブルッフザンクト・ガレン大学 教授

ヨッヘン I. メンジスケンブリッジ大学 ジャッジ・ビジネス・スクール 講師

PDF論文:12ページ[約1,028KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない