2014年3月号

脳神経ネットワークへの理解を組織に活かす

ニューロサイエンスの新たな知見

アダム・ウェイツ

アダム・ウェイツ

ノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 助教

マリア・メイソン

マリア・メイソン

コロンビア・ビジネス・スクール 准教授

神経科学の分野では、技術の発達によって研究が盛んに行われ、複雑な脳の働きについて、非常に多くのことが解明され始めている。特に人間の行動や思考を司る脳神経ネットワークの存在が特定され、それぞれがいつ活性化し、それによってどのような影響が生じるのかが明らかになったことで、行動研究はさらに歩みを進めている。本稿では、そのなかでも存在が確実視されている代表的な4つの脳神経ネットワークの機能を紹介している。創造的思考を生み出す脳はどのような状態にあるのか。人は何に対して満足を覚えるのか。直感はどのようなメカニズムによって生じるのか。このような脳神経ネットワークの理解が、マネジャーが課題として抱えるイノベーションの創発やインセンティブの提供、意思決定の方法といった実践的なマネジメントに対して、いかに応用可能であるかを論じている。

アダム・ウェイツノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 助教

マリア・メイソンコロンビア・ビジネス・スクール 准教授

PDF論文:15ページ[約3,050KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない