2014年3月号

知識労働のカイゼン法

意思決定の生産性を高める

ロジャー L. マーティン :トロント大学 ロットマン・スクール・オブ・マネジメント 学長

ロジャー L. マーティン

トロント大学 ロットマン・スクール・オブ・マネジメント 学長

知識労働者の過剰雇用と人員削減は、なぜ繰り返されるのか。ビジネス界のロール・モデルと目されている企業ですら、この非効率なサイクルを脱却できない。それはそもそも、知識労働の生産性管理──言わば「意思決定工場」のマネジメント──を、単純労働のそれと混同しているからである。本稿では、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の取り組みを例に、知識労働のカイゼン法を紹介する。

ロジャー L. マーティントロント大学 ロットマン・スクール・オブ・マネジメント 学長

PDF論文:13ページ[約2,496KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない