2014年3月号

他者の意見をいかに判断に取り入れるか

クラウドの知恵の活用法

アレックス・サンディ・ペントランド :マサチューセッツ工科大学 教授

アレックス・サンディ・ペントランド

マサチューセッツ工科大学 教授

優れた意思決定のアプローチは学習可能である。そのカギとなるのが「社会的探索」だ。社会的探索では通常、多様な情報源から新しいアイデアを集めた後、他の人々にそのアイデアをぶつけ、反応を見ながら、成功や失敗を学習する。そのようにして精査し検証したアイデアを戦略的に組み立てれば、意思決定の精度を高めることが可能だ。しかし、どのような情報源から、いかにアイデアを得るかは非常に難しい。同質的な意見が飛び交うネットワーク内に身を置いてしまえば、偏った考え方が増長されるエコー・チェンバー現象に陥ることも少なくない。本稿では、オンライン・トレーディングのプラットフォーム〈eToro〉を使った研究プロジェクトから見出された代表的な社会的学習パターンを取り上げる。それらの事例から「群衆の知恵」をうまく活用する社会的探索のアプローチを解説し、意思決定の質を高める方法について解説する。

アレックス・サンディ・ペントランドマサチューセッツ工科大学 教授

PDF論文:9ページ[約2,218KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない