2010年12月号

社員のコミュニティが問題解決力を高める

非公式ネットワークの活用法

リチャード・マクダーモット

リチャード・マクダーモット

マクダーモット・コンサルティング 社長

ダグラス・アーチボルド

ダグラス・アーチボルド

ウォーリック・ビジネス・スクール アソシエート

さまざまな企業で、社員がグループを形成して知識を共有し、共通の問題に取り組んでいる。このような実践共同体(CoP: community of practice)は強力なマネジメント・ツールになる。専門家同士が知識とアイデアを共有する低コストで効率的な方法である。しかし、明確な説明責任と経営陣の監視がなければコミュニティはうまく機能しない。実際、有効なコミュニティは経営幹部にとって重要な問題に取り組んでいる。 油田関連サービスのシュルンベルジェ、建設・エンジニアリング企業のフルーア、ファイザー、石油エネルギー企業のコノコフィリップス、国連インド事務所といった組織のコミュニティの運営の事例を通じて、非公式なネットワークの活用法を解説する。

リチャード・マクダーモットマクダーモット・コンサルティング 社長

ダグラス・アーチボルドウォーリック・ビジネス・スクール アソシエート

PDF論文:12ページ[約1,356KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない