2010年12月号

「人材分析学」がもたらす競争優位

情報技術が人事管理を変える

ジェーン・ハリス

ジェーン・ハリス

アクセンチュア ハイパフォーマンス・ビジネス研究所 エグゼクティブ・リサーチ・フェロー

ジェレミー・シャピロ

ジェレミー・シャピロ

モルガン・スタンレー 人事担当エグゼクティブ・ディレクター

トーマス H. ダベンポート

トーマス H. ダベンポート

バブソン大学 特別教授

グーグル、ベスト・バイ、P&G、シスコ・コーポレーションなどの先端企業は、高度なデータ収集技術と分析技術を駆使して、人材から最大の価値を引き出そうとしている。こうした「人材分析学」を活用する企業は、社員の「やる気」の定量化、自社にマッチした社員の特性、離職の可能性の高い社員の分析などの手法により、社員のマネジメントから憶測を排除し、人事関連のさまざまな分野で効果的な管理を実現している。 本稿では人材分析学の主な手法──組織の総合的な健全性を監視する単純な指標の構築から、人材不足や過剰の予測まで──を紹介する。また分析学を使いこなすためには、良質のデータを手に入れ、企業レベルでこれを管理し、分析のリーダーたちをサポートし、現実的な分析目標を選び、幅広い知識を備えたアナリストを雇わなければならない。

ジェーン・ハリスアクセンチュア ハイパフォーマンス・ビジネス研究所 エグゼクティブ・リサーチ・フェロー

ジェレミー・シャピロモルガン・スタンレー 人事担当エグゼクティブ・ディレクター

トーマス H. ダベンポートバブソン大学 特別教授

PDF論文:11ページ[約1,287KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない