2014年2月号

グローバル・エリートへの道

知識とスキルを身につけるだけではない

グレゴリー C. アンルー

グレゴリー C. アンルー

サンダーバード国際経営大学院 教授

アンヘル・カブレラ

アンヘル・カブレラ

ジョージ・メイソン大学 学長

「グローバル・エリート」とは、たとえば日産自動車CEOのカルロス・ゴーン氏のように、幅広い国際経験を持ち、語学にも堪能で世界的な人脈を活用できる人物だ。彼らは、自社にグローバルな視点を持たせることで価値を創出する能力があり、ビジネスの国際化に伴って、いずれの企業でも必要な人材となっている。こうしたグローバル・エリートは、手の届かない存在と考えがちだが、文化的に多様な組織やグループと関わり、理解する努力をいとわないビジネスパーソンなら、その仲間入りができる可能性も十分にある。筆者たちはそのために必要なことは、まず「思考」と「行動」の双方を通じて、必要な知識、スキル、視点を獲得することだと言う。能力が身についたら、会社と自分自身のために価値を創造し、さらにはグローバルな市民としての責任を果たすべきだと論じる。  

グレゴリー C. アンルーサンダーバード国際経営大学院 教授

アンヘル・カブレラジョージ・メイソン大学 学長

PDF論文:8ページ[約1,286KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない