2011年1月号

自信家の部下の個性を伸ばす〈2〉

論語の「上司」論【最終回】

齋藤 孝 :明治大学 文学部 教授

齋藤 孝

明治大学 文学部 教授

優秀な人材は、えてしてチームワークが苦手である。また、短期的視点で物事をとらえがちで、先々のことを大局的に見据えるといった振る舞いがなかなか身につかない。そのため、周囲への配慮が足りなかったり、過去の栄光を振りかざしたりと、優秀であるがゆえの欠点が目立ち、下手をすると組織の鼻つまみ者になってしまう。こういう部下に対し、上司として指導すべきポイントは明らかなのだが、自己主張が強く個性が強い彼ら彼女らに自省を促すのはなかなか難しい。最終回では、優秀だが欠点が目立つ部下たちに、もう一段ステップアップすることの重要性を気づかせるのに効く『論語』の言葉の数々を紹介する。

齋藤 孝明治大学 文学部 教授

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない