2011年1月号

出身軍隊別:元軍人CEOの適性診断

異なる経験が、リーダーの強みを左右する

ボリス・グロイスバーグ

ボリス・グロイスバーグ

ハーバード・ビジネス・スクール 准教授

アンドリュー・ヒル

アンドリュー・ヒル

ハーバード・ビジネス・スクール 博士課程

トビー・ジョンソン

トビー・ジョンソン

元 アメリカ陸軍大尉・飛行士

軍隊における経験はビジネスでも貴重な財産になると従来からアメリカでは考えられている。しかし、最新の調査から、より微妙な実像が浮かび上がってきた。一口に軍隊とはいっても、どこも同じ経験を生み出すわけではないのである。 たとえば、陸軍や海兵隊の元士官では、企業でリーダーとして上げた業績と、その会社でどれだけの期間働いたかの間に関連性はなく、逆に海軍や空軍の出身者では、リーダーに登用されるまでの勤続期間が長い人たちのほうが、比較的早いうちに登用された人より相当に優れた業績を上げている。 陸軍や海兵隊での経験を持つ経営幹部は、大企業より中小企業でよい結果を出す一方、海軍や空軍の元士官は、規制が厳格な産業で能力を発揮する。つまり軍隊なら海軍も陸軍も空軍もすべて同じではなく、どの軍の出身かで、発揮される強みは異なってくるのである。

ボリス・グロイスバーグハーバード・ビジネス・スクール 准教授

アンドリュー・ヒルハーバード・ビジネス・スクール 博士課程

トビー・ジョンソン元 アメリカ陸軍大尉・飛行士

PDF論文:9ページ[約2,456KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない