2012年10月号

英語化の次なる戦略

真のグローバル企業を目指して

三木谷 浩史 :楽天 代表取締役会長兼社長

三木谷 浩史

楽天 代表取締役会長兼社長

楽天は約2年の準備期間を経て、2012年7月、社内の公用語を正式に英語へと移行した。この方針は発表時から国内外ともに大きな反響を呼んだが、グローバルな成功を目指す楽天にとって、公用語化以降のビジョンや課題は何か、三木谷浩史氏に聞いた。

三木谷 浩史楽天 代表取締役会長兼社長

PDF論文:3ページ[約488KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない