2014年1月号

よい影響力、悪い影響力

【インタビュー】どのように人は動かされるのか

ロバート・チャルディーニ :アリゾナ州立大学 名誉教授

ロバート・チャルディーニ

アリゾナ州立大学 名誉教授

アメリカを代表する社会心理学者のロバート・チャルディーニは、影響力の研究分野で第一人者とされる。2001年に上梓したInfluence(邦訳『影響力の武器』)は200万部を超すベストセラーとなり、27カ国で翻訳された。チャルディーニは「説得」における人間心理のメカニズムを解明し、説得力には6つの原則があると論じている。本インタビューでは、相手の立場や文化によって、影響力を行使する際の原則が異なることを、ビジネス・シーンの実例を用いて解説している。また、影響力の倫理面に関する新たな研究についても、考察を述べている。

ロバート・チャルディーニアリゾナ州立大学 名誉教授

PDF論文:11ページ[約2,346KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない