2014年1月号

温かいリーダーか、強いリーダーか

求められる2つの資質

エイミー J. C. カディ

エイミー J. C. カディ

ハーバード・ビジネス・スクール 准教授

マシュー・コフート

マシュー・コフート

KNPコミュニケーションズ パートナー

KohutとNeffingerの共著書にCompelling People: The Hidden Qualities That Make Us Influential, Hudson Street Press, 2013.がある。

ジョン・ネフィンジャー

ジョン・ネフィンジャー

KNPコミュニケーションズ パートナー

KohutとNeffingerの共著書にCompelling People: The Hidden Qualities That Make Us Influential, Hudson Street Press, 2013.がある。

リーダーは「温かみ」を備えていたほうがいいのだろうか、それとも「強さ」が必要なのだろうか。ニッコロ・マキャベリは『君主論』のなかで「愛されるより強いほうが安全である」として強いリーダーを希求した。現在でも多くのリーダーは自分の強さや能力を強調する傾向があるが、本稿の筆者たちは、これは誤ったアプローチであると言う。まず温かみを示して信頼関係を築かなければ、強さは恐怖や敵意しか生まず、リーダーに心から同調することはないだろう。本稿では、行動科学や認知心理学、神経科学などさまざまな知見を用いて「温かみ」と「強さ」という2つの性質を分析する。そしてそれらが互いに強め合うことを指摘して、この2つをうまく自分のものとして、影響力を獲得する方法を論じる。なお、実際のマネジメント場面で有効なボディ・ランゲージも紹介する。

エイミー J. C. カディハーバード・ビジネス・スクール 准教授

マシュー・コフートKNPコミュニケーションズ パートナー

ジョン・ネフィンジャーKNPコミュニケーションズ パートナー

PDF論文:13ページ[約2,702KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない