2014年1月号

【インタビュー】力の源泉は情報から信頼へ

影響力は相手への貢献から始まる

ダニエル H. ピンク :著述家

ダニエル H. ピンク

著述家

20世紀には売り手と買い手との間に圧倒的な情報量の差があり、売り手は常に優位に立っていた。雇用主と従業員との関係も同様で、上司は多くの情報を握ることで権力を維持していた。ところがいまや、スマートフォンをちょっといじるだけでだれもが有用な情報を手に入れることができる。「情報の非対称性」は解消され、「情報」はその力を失った。そうした時代に、影響力はどうすれば発揮しうるか。権力によって人を動かすのではなく、新たなスキルが必要となる。2001年に『フリーエージェント社会の到来』によって個人へのパワーシフトをいち早く示唆し、以来、「すでに起こった未来」を発信し続けるビジョナリスト、ダニエル・ピンク氏に21世紀の影響力について聞いた。

ダニエル H. ピンク著述家

PDF論文:9ページ[約1,728KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

2004年6月号

新たな地平を切り拓く

2004年:パワー・コンセプト20選

『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集部 

ラケシュ・クラナ ハーバード・ビジネススクール 助教授

リチャード・フロリダ トロント大学ロットマン・スクール・オブ・マネジメントのユニバーシティ・プロフェッサー

エイドリアン・スライウォツキー マーサー・マネジメント・コンサルティング マネージング・ディレクター

デイビッド・ナドラー マーサー・デルタ・オーガニゼーショナル・コンサルティング CEO兼会長

ダイアン L. クーツ 元『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニア・エディター

クレイトン M. クリステンセン ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ジョエル・クルツマン プライスウォーターハウス・クーパーズ グローバル・リード・パートナー

ロバート・サットン スタンフォード大学 エンジニアリング・スクール 教授

ダンカン・シメスター マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール 助教授

ダニエル H. ピンク 著述家

ジョセフ・フラー モニター グループ CEO

ブロンウィン・フライヤー ハーバード・ビジネス・レビュー シニア・エディター

クリス・メイヤー 著述業

ハーミニア・イバーラ ロンドン・ビジネス・スクールのチャールズ・ハンディ記念講座教授

ガーディナー・モース 『ハーバード・ビジネス・レビュー』のシニア・エディター。

イクバル・クアディール グラミンフォン 創設者

エレン・ピーブルス HBR シニア・エディター

クレイ・シャーキー ニューヨーク大学 教授

トーマス A. スチュワ HBR 編集長

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない