2011年2月号

環境活動家と渡り合う法

反論や弁明でなく、問題の根本的解決を図る

ジェフ・シュワーツ :ティンバーランド 社長兼CEO

ジェフ・シュワーツ

ティンバーランド 社長兼CEO

だれよりも熱心に環境経営に取り組んできたと自負する企業が、自然破壊の元凶として非難の矢面に立たされる。ニューハンプシャー州に本社を置くブーツやアウトドア用品メーカーのティンバーランドは、そんな悪夢に見舞われた。ある日、6万5000通もの抗議メールがいっせいに送られてきたら、リーダーはどのように対応すればいいのか。反論や弁明をするのか。言われなき中傷として無視するのか。 同社のCEOジェフ・シュワーツは、問題発生の日から、不安や葛藤、困難を乗り越えながら、大切にしてきた価値観に基づいて行動し、他社に倣った調達先の変更ではなく、困難なトレーサビリティの確保に挑み、対話を重ね、グリーンピースから一定の評価を勝ち取った。一つの対応ミスがブランドを根底から揺るがしかねない緊張の顛末を綴った。

ジェフ・シュワーツティンバーランド 社長兼CEO

PDF論文:10ページ[約1,195KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない