2013年12月号

ビッグデータの導入に従来の手法は通用しない

人間中心の5つのガイドライン

ドナルド A. マーチャンド

ドナルド A. マーチャンド

IMD 教授

ジョー・ペッパード

ジョー・ペッパード

クランフィールド大学経営大学院 教授

ビッグデータを活用しようと、ITシステムに大型投資を行い、データ・サイエンティストを雇用したにもかかわらず、それに見合う成果を得られずにいる企業が多い。その原因は、ERPやCRMシステムなどの導入プロジェクトと同じ要領で、計画通りにITをデプロイメント(配備・展開)するのだが、その先のデータ活用にまで考えが及んでいないことにある。重要なのは、収集した膨大なデータから有益な情報を引き出すことだ。それには、小規模で短期的なプロジェクトにより、従業員が組織のデータと自分の知見を活用し、仮説検証を繰り返しながら理解を深め、オペレーションや戦略の改善に取り組める環境を整備すべきである。本稿では、多様な業界の50以上の国際的組織を対象とした調査結果を踏まえて、組織的にデータを活用するための5つのガイドラインを紹介する。  

ドナルド A. マーチャンドIMD 教授

ジョー・ペッパードクランフィールド大学経営大学院 教授

PDF論文:13ページ[約3,056KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない