2013年12月号

【インタビュー】企業文化こそ製品の価値である

100年スタートアップを目指して

フィル・リービン :エバーノート CEO

フィル・リービン

エバーノート CEO

よい会社とは何か。2008年にオンライン上で記録を保持するクラウド・サービス〈エバーノート〉を開始、またたく間に世界7500万人のユーザー数を抱えるまでに成長した同社は、親日家として知られる創業者フィル・リービンの下、シリコンバレー企業には珍しく、自社を100年続く企業にしたいと「100年スタートアップ」を目標に掲げている。それはなぜか。実現のために何に気をつけているか。「無期限休暇」など社員への手厚い特典で知られる一方、その底流に流れるのは、生産性を管理するのは会社ではなく社員自身であるという、強烈な自主自律の精神であった。それは、信頼と企業文化は紙一重であるからだ。顧客から信頼を得られるか否かは、製品のみならず会社の姿勢にかかってくる。同社の哲学をリービン氏に聞く。

フィル・リービンエバーノート CEO

PDF論文:10ページ[約1,915KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない