2011年2月号

リーダーが陥る「行動の罠」

よかれと思った行動が組織変革を阻む

ロバート H. シェーファー :シェーファー・コンサルティング 創立者

ロバート H. シェーファー

シェーファー・コンサルティング 創立者

経営者の精神に深く根差している次の4つの行動が組織変革を阻んでいる。 第1に、目標の設定があいまいである。重要な方向転換や新たな目標を提案する際、達成に向けた具体策をきちんと説明しなかったり、責任者を指名しなかったりする。第2に、部下に目標達成の責任を課さない。部下が自部門以外の業務に目を向けず、全社的業績への貢献を上司にゆだねるのを許してしまう。第3に、専門職やコンサルタントの助言を聞く一方、彼ら彼女らが結果への責任を負わないことを容認している。最後に、部下の自発的行動を気長に待つ。経営者が調整役を果たしたからといって組織が発展するというものではない。むしろ障害になっている。 これらの罠を回避する最善の方法は、最小のリスクですぐに効果の現れる、小規模な「実験的試み」を実施することだ。

ロバート H. シェーファーシェーファー・コンサルティング 創立者

PDF論文:10ページ[約1,049KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない