2012年10月号

英語公用語化は必要か

グローバル競争に欠かせない言語戦略

セダール・ニーリー :ハーバード・ビジネス・スクール 助教授

セダール・ニーリー

ハーバード・ビジネス・スクール 助教授

グローバル化に伴い、英語を社内の公用語とする企業は増えているが、社内の抵抗、運用面の不徹底、また生産性の低下などの弊害が生じるケースも少なくない。しかし、社員の不安が解消し、公用語化の意図に納得して自分の能力に自信が持てれば、言語の切り替えは可能である。また、企業も研修やリーダーの率先垂範などの支援策を取ることができる。 本稿では、英語公用語化に体系的に取り組み、成果を収めつつある楽天の事例を中心に、公用語を定着させるためのガイドラインを提供する。

セダール・ニーリーハーバード・ビジネス・スクール 助教授

PDF論文:14ページ[約3,615KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない