2011年2月号

自分のアイデアを支持させる技術

批判を上手にかわし、逆に巻き込んでいく

ジョン P. コッター :ハーバード・ビジネス・スクール 名誉教授

ジョン P. コッター

ハーバード・ビジネス・スクール 名誉教授

企業変革やイノベーションには、新しいアイデアが不可欠である。にもかかわらず、そのようなアイデアは、ほとんどの組織で、最終的につぶされてしまうことが多い。リーダーシップ研究の権威であるジョン P. コッターによれば、我々はアイデアを生み出すことばかりに関心が向いており、アイデアを成就させることには比較的無関心であるという。これは一種の集団力学といえる。また彼は、反対派や懐疑派を翻意させ、アイデアに巻き込んでいくために、「ライフ・スキル」(日常のさまざまな問題に効果的かつ建設的に対処する能力)や人間の感情面の重要性を指摘する。 コッターは、ブリティッシュコロンビア大学教授のローン A. ホワイトヘッドとの共同研究により、これら反対勢力を巻き込み、新しいアイデアへの支持を取りつける方法を見出した。これをまとめたのが最新著 Buy-in である。本インタビューでは、アイデアを推進・実現するための基本アプローチ、反対勢力が常套とする24種類の攻撃パターン、それへの対処法と5つの「べからず」など、この最新著のエッセンスについて紹介する。

ジョン P. コッターハーバード・ビジネス・スクール 名誉教授

PDF論文:8ページ[約1,375KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない