2011年2月号

HCL:従業員第一主義の経営

顧客を本当に満足させるために

ビニート・ナイア :HCLテクノロジーズ 社長兼CEO

ビニート・ナイア

HCLテクノロジーズ 社長兼CEO

HCLテクノロジーズは、1976年に創業したインドのIT企業である。90年代に入りハードウエアのコモディディ化に伴い、大きく業績を悪化させ、インドのライバル企業に大きく水を空けられたが、そんな2005年に創業社長から経営を引き継いだのがビニート・ナイアである。ナイアがCEOに就任し、立て続けに大胆な改革を行った結果、グローバルなITサービス企業を上回る成長を遂げ、金融危機後の景気の最悪期にも約20%の成長を実現した。 ナイアはいかに社員に危機を認めさせ、独自の「従業員第一」文化の先駆者となり、社員の熱意に火をつけたのか。「ミラー・ミラー」「透明性を通じた信頼」「従来型のピラミッドの逆転」「CEOの役割の見直し」などさまざまなイニシアティブを牽引したが、それだけではない。ナイアは文字どおり、踊ってみせたのである。

ビニート・ナイアHCLテクノロジーズ 社長兼CEO

PDF論文:10ページ[約1,118KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない