2013年11月号

シナリオ・プランニング:その歴史と貢献

未来にアプローチする手段

アンジェラ・ウィルキンソン

アンジェラ・ウィルキンソン

オックスフォード大学 スミス企業環境大学院 プログラム・ディレクター

ローランド・クーパーズ

ローランド・クーパーズ

オックスフォード大学 アソシエート・フェロー

 ロイヤル・ダッチ・シェルがそれまで軍事的な戦略・戦術、外交政策などの検討・立案に用いられていたシナリオ法を企業の事業計画策定に取り入れるようになったのは、1960年代後半のことである。以来、シェルでは45年以上にわたり、シナリオ・プランニングを使い続けている。70年代の石油動向やソ連の民主化などシナリオが大成功を収めた輝かしい時代もあったが、その価値が認められない時代もあった。だがこの間、シナリオ・プランニングは進化し続け、シェルがエネルギーや他の事項に関し、グローバルな思考を形成するのに貢献している。直接利益を生むわけでもなく、大胆な予測ではなく未来の不確実性を強調する業務としては特筆に値するだろう。  本稿は、シェルでシナリオに関わった筆者たちがシナリオ・プランニングに携わってきた人々にインタビューし、その歴史とこれまで果たしてきた役割を検証する。

アンジェラ・ウィルキンソンオックスフォード大学 スミス企業環境大学院 プログラム・ディレクター

ローランド・クーパーズオックスフォード大学 アソシエート・フェロー

PDF論文:15ページ[約2,911KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない