2013年11月号

VCM:価値獲得モデルで戦略を考える

競争優位はエコシステムで決まる

マイケル D.リアル :トロント大学 ロットマン・スクール・オブ・マネジメント 准教授

マイケル D.リアル

トロント大学 ロットマン・スクール・オブ・マネジメント 准教授

 マイケル・ポーターは産業組織を対象に行われた経済的研究の実際的な意味を、見事に一つのモデルにまとめてみせた。知識によるイノベーションにより、戦略が一つの学問分野として一躍脚光を浴びるようになった。ポーターの理論はたちまち大反響を呼び、他分野の研究者の関心も集めた。  そして、企業間の業績格差が常に存在する理由について非体系的に考察する論文が相次いで発表された。またリソース・ベースト・ビュー(RMV)やダイナミック・ケイパビリティ論、取引費用の経済学といった理論が登場し、すぐさま怒濤のような実証研究がそれに続いた。  このような背景の下、競争戦略の一般的なモデル「価値獲得モデル」(VCM:value capture model)が誕生。本稿ではVCMに基づいてどのように戦略を考えるべきかを考察する。

マイケル D.リアルトロント大学 ロットマン・スクール・オブ・マネジメント 准教授

PDF論文:13ページ[約3,800KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない