2011年2月号

ゼロックス:正しい後継者の育て方

初のアフリカ系女性トップの誕生秘話

アン・マルケイヒー :元 ゼロックス 会長兼CEO

アン・マルケイヒー

元 ゼロックス 会長兼CEO

ゼロックスは2009年に、初のアフリカ系女性トップ、アーシュラ・バーンズをCEOに任命し、大過なく、後継者へのバトンタッチのプロセスを終えた。それは偶然の出来事ではない。去ってゆくCEOが約10年を費やして、移行が円滑に行われるように取り計らったのだ。元会長兼CEOアン・マルケイヒーによれば、例外はあるにしろ、CEOは10年以上続けるべきではないという。リーダーの地位を譲らないと、会社に不利益を及ぼすことになる。 とはいえ、バトンタッチがけっして簡単だったわけではない。だれもそのロード・マップを持ってはいないし、何を期待すべきか、どう準備したらいいかを知る人もいない。また、引き継ぎの過程は、大きな影響を与えずに自分がいなくなるように設計されるため、それを受け入れることは容易ではない。しかし、権力と責任を手放すのは難しいが、未来のCEOにその役割を負う準備をさせるためには欠かせないことなのだ。

アン・マルケイヒー元 ゼロックス 会長兼CEO

PDF論文:10ページ[約1,064KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない