2011年2月号

スターバックス:誤りを認めるのが、本物のリーダー

復帰したCEOが再生に挑む

ハワード・シュルツ :スターバックス CEO

ハワード・シュルツ

スターバックス CEO

アメリカ・シアトルの小さなコーヒー・ショップにすぎなかったスターバックスにイタリアのエスプレッソ・バールのエッセンスを持ち込み、そのコーヒーの品質と温かなサービス、徹底した顧客接点重視のブランディングにより、「カフェ=スターバックス」というカテゴリーを築き上げたのがハワード・シュルツである。 世界じゅうを席巻するプレミアム・ブランドに育て上げたのち、会長職に退いたシュルツが、金融危機を契機にCEOに再び就任。それまでの順調な拡大から一転、逆回転を始めた同社に、大胆な改革を推し進めて新たな成長軌道に乗せつつある。急激に巻き起こった消費者行動の変化、クリーンなイメージの同社を襲ったレピュテーション・リスク、ソーシャル・メディアへの取り組み、株主価値、新製品、後継問題と多岐にわたるテーマについて、反省と展望を語った。

ハワード・シュルツスターバックス CEO

PDF論文:13ページ[約1,647KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない