最も大切なのは、人と組織

 リアルタイムマーケティングの時代においては、データ分析や企画立案をスピーディーに行っていく能力が重要になります。そこで最も重要なのは、人づくり、そして人を有効に動かす組織づくりです。

 それらなしでは、リアルタイムで高品質のアウトプットを出すことは不可能であり、優れた能力も「宝の持ち腐れ」となってしまいます。

 上に紹介した360iにおいては、人と組織を作るために、様々な工夫を行っています。

①OJTを通じて人を育てるための「仕組み」を構築
②ソーシャルメディアを熟知した若いスタッフに複数の役割をこなせる能力を身に付けさせ、高速PDCAを回せるためのフォロー体制を構築
③スタッフ全員が、企画よりも制作時間の方に数倍の時間を割く
④担当スタッフが一堂に会していつでも議論できるチーム体制を用意する

 上記のような、人づくり、チーム・組織体制づくりがあったからこそ、360iは2013年のカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルにおいて2つの事例で6冠を受賞する、ソーシャルメディアコミュニケーションの企画、実施が可能になったと言ってよいでしょう。

これからのマーケティングに必要なもの

「ビッグデータ」「データサイエンティスト」といった言葉がバズワードとして叫ばれる中、人々は「世の中のありとあらゆるデータを収集しなければならない」、「大量のデータを分析するシステムを構築しなければならない」、「高度な分析スキルを身につけなければならない」といったことを考えがちです。

 しかし、本当に重要なのは、重要なデータソースを選択し、そこから本質を見抜く能力、それに基づいて迅速に戦略立案と制作ができる能力、そして、現状に迅速かつ柔軟に対応できる人と組織の対応力です。

 それこそが、現代のマーケティングに求められる要素であり、「BIによるマーケティング進化」の鍵もそこにあると考えられます。

 

電通BIM(ビジネス・インテリジェンス・モジュール)
電通BIMとは2012年4月に編成された社内組織。BIMのミッションは、『クライアントのマーケティング活動においてインテリジェンス・メソッドを駆使し、事業目標やキャンペーン目標の達成のためにパートナーとしてお手伝いすること』です。クライアント企業それぞれの課題・ニーズに対して、多様かつ高度なビジネス・インテリジェンス機能を核としながら、適切なモジュールとして各部門が連携し、クライアントのマーケティング活動を支援していく、そのようなソリューションの開発と実践に取り組んでいます。

 

【連載バックナンバー】
第1回「BIによるマーケティング進化」
第2回「カスタマー・ジャーニーを把握し、マーケティングに役立てる」