2011年3月号

ロバート・マクナマラ:科学的経営の功罪

アメリカで最も物議を醸した経営者を再考する

フィル・ローゼンツバイク :IMD 教授

フィル・ローゼンツバイク

IMD 教授

ケネディ、ジョンソン両大統領時代に国防長官を務めたロバート S. マクナマラは、ベトナム戦争を泥沼化させた張本人としてアメリカ人の記憶に残っている。このベトナム戦争の悲劇のためにかすんでしまっているが、学界、産業界、政界とさまざまな場で活躍した彼の生き方はもっと注目されてよい。 本稿では、ハーバード・ビジネス・スクール、陸軍航空隊、フォード・モーター、そして国防長官、世界銀行総裁という華やかな経歴を追いながら、統計分析など近代的な経営手法に明るく、その知識をもって軍の兵站効率やフォードの業績を劇的に改善した手腕を紹介すると共に、晩年マクナマラがベトナム戦争の誤りを受け入れ、過ちの原因を理解しようとしていたことにも触れる。 近代経営の体現者ともいえるマクナマラを通して、その功績と限界を分析し、経営の目的を考える。

フィル・ローゼンツバイクIMD 教授

PDF論文:13ページ[約2,311KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない