2011年3月号

転職で失敗する理由

キャリアを台無しにしないために

ボリス・グロイスバーグ

ボリス・グロイスバーグ

ハーバード・ビジネス・スクール 准教授

ロビン・エイブラハムズ

ロビン・エイブラハムズ

ハーバード・ビジネス・スクール 研究員

優秀な人材が転職先でも高業績を収めるとは限らない。むしろ、転職後の業績は長期的にも短期的にも著しく低下することのほうが多い。おしなべて転職には、家庭生活と社会生活の激変、新たな企業文化や社内政治への順応など、変化に伴う代償がつきまとう。にもかかわらず、これらについてよく考えず安易に決めた転職によってキャリアを台無しにしてしまうケースが後を絶たない。 筆者らが、50以上の業界から集めた400人のエグゼクティブ専門のヘッドハンター、40カ国の経営幹部500人あまり、多国籍企業15社の人事部門責任者を対象に行った調査によれば、転職者は、下調べが不十分、お金に釣られて、現状から逃れるため、自分を過大評価する、目先のことしか考えない、という5つの過ちを犯していることが明らかになった。これらを踏まえ、リスクと現実を慎重に評価すれば、少なくとも大失敗となる転職を回避できる。

ボリス・グロイスバーグハーバード・ビジネス・スクール 准教授

ロビン・エイブラハムズハーバード・ビジネス・スクール 研究員

PDF論文:9ページ[約1,217KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない