2013年10月号

[第12回]ブランドに魂が入る瞬間

盛田昭夫 グローバル・リーダーはいかにして生まれたか

森 健二 :ジャーナリスト

森 健二

ジャーナリスト

 目先の利益を取るか、商標の魂を取るか。アメリカの大手ブローバー社からの大量発注は、盛田昭夫に経営の基軸を問うた。  奮起した盛田らは、トランジスタのさらなる改良、「SONY」のブランド戦略と矢継ぎ早に行動を起こす。  そして1956年、創立10周年の記念撮影で盛田の左手には、発売されたばかりのトランジスタ・ラジオ〈TR-6型〉が握られていた。

森 健二ジャーナリスト

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない