2013年10月号

ビジネスチャンスは逆境にも存在する

定石が通用しにくい時代

バスカー・チャクラバルティ :タフツ大学 フレッチャー・スクール 教授

バスカー・チャクラバルティ

タフツ大学 フレッチャー・スクール 教授

 困難な時期にイノベーションや起業が促進されることは、多くのデータで実証されている。ダウ工業株を構成する30社の多くは不況期に創業した企業であるし、マンハッタン計画や環境への取り組みなど、危機をバネにイノベーションが進んだものも多い。  本稿では、さまざまな厳しい状況を打破して成功を勝ち取ったグラミンフォンのイクバル・カディーアなどの起業家たちの事例から、逆境に存在しているビジネスチャンスを分析する。逆境に強い起業家なら、一つの事業に行き詰まってもそこで余分になった経営資源を別のニーズに活かせる。実現困難な事業アイデアでも、思いもかけないパートナーを引き込めば、成功が可能だ。また大きな問題でも小さな思いつきで画期的な解決策が見えてくることもある。  現在、我々の前にはいくつもの大きな課題が存在し、これまでの知識や定石が通用しにくくなっている。しかし、逆境のなかにこそ競争優位があるともいえるのである。

バスカー・チャクラバルティタフツ大学 フレッチャー・スクール 教授

PDF論文:11ページ[約2,073KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

2004年6月号

新たな地平を切り拓く

2004年:パワー・コンセプト20選

『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集部 

ラケシュ・クラナ ハーバード・ビジネススクール 助教授

リチャード・フロリダ トロント大学ロットマン・スクール・オブ・マネジメントのユニバーシティ・プロフェッサー

エイドリアン・スライウォツキー マーサー・マネジメント・コンサルティング マネージング・ディレクター

デイビッド・ナドラー マーサー・デルタ・オーガニゼーショナル・コンサルティング CEO兼会長

ダイアン L. クーツ 元『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニア・エディター

クレイトン M. クリステンセン ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ジョエル・クルツマン プライスウォーターハウス・クーパーズ グローバル・リード・パートナー

ロバート・サットン スタンフォード大学 エンジニアリング・スクール 教授

ダンカン・シメスター マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール 助教授

ダニエル H. ピンク 著述家

ジョセフ・フラー モニター グループ CEO

ブロンウィン・フライヤー ハーバード・ビジネス・レビュー シニア・エディター

クリス・メイヤー 著述業

ハーミニア・イバーラ INSEAD教授

ガーディナー・モース 『ハーバード・ビジネス・レビュー』のシニア・エディター。

イクバル・クアディール グラミンフォン 創設者

エレン・ピーブルス HBR シニア・エディター

クレイ・シャーキー ニューヨーク大学 教授

トーマス A. スチュワ HBR 編集長

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない