2013年10月号

顧客の反応をリアルタイムで収集する究極の方法

携帯電話を活用する新たな調査

エマ K.マクドナルド

エマ K.マクドナルド

クランフィールド大学 スクール・オブ・マネジメント 上級講師

ヒュー N.ウィルソン

ヒュー N.ウィルソン

クランフィールド大学 スクール・オブ・マネジメント 教授

ウムト・コヌシュ

ウムト・コヌシュ

アイントホーフェン工科大学 助教授

 顧客の態度や行動に影響を与える要因を探るため、マーケティング担当者は、フォーカス・グループ、ネット調査、行動観察など、さまざまな手法を試みてきた。しかし、顧客の不正確な記憶に依存する、対象層が限られる、コストが高いなど、各手法につきもののバイアスや欠点に悩まされてきた。その解決策となりうるものが、リアルタイム・エクスペリエンス・トラッキング(RET)である。  これは、顧客が調査対象のブランドと接触するたびに、携帯電話を用いてすぐにその場で情報を送信してもらうものだ。コストが安く、多くの対象者の反応をリアルタイムで把握できる調査手法として、多様な業界で2年間に75万件以上のRETデータが収集されている。  本稿は、その結果を踏まえて、RETの実施方法、設計上の留意点、データ分析で明らかになる購買決定要因やタッチポイントの影響度、リアルタイムで得た情報の活用法などを紹介する。

エマ K.マクドナルドクランフィールド大学 スクール・オブ・マネジメント 上級講師

ヒュー N.ウィルソンクランフィールド大学 スクール・オブ・マネジメント 教授

ウムト・コヌシュアイントホーフェン工科大学 助教授

PDF論文:11ページ[約2,543KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない