2013年10月号

実験はアナリティックスに勝る

顧客の反応をシンプルにつかむ法

エリック T. アンダーソン

エリック T. アンダーソン

ノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 教授

担当はマーケティング。

ダンカン・シミスター

ダンカン・シミスター

マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール・オブ・ビジネス 教授

担当は経営科学。

 コンピュータを駆使することで、私たちは顧客データを大量に収集することが可能になった。しかし現実には、膨大なデータを利益増加の手段として活用できている企業はごく一部だ。アナリティックスに巨額の投資をしている企業でさえも、分析結果が解釈できず、収益改善にすぐに結びつかないという事態に陥ることは珍しくない。  ほとんどの企業では、膨大なデータ分析に時間をかけるよりも、実はビジネスを通してシンプルな実験を行うほうが業績改善へと結びついている。ビジネスでの実験とは、価格を変化させたり、ダイレクト・メールで特典を提供するなど簡単に実行できるアクションを取り、顧客の反応を分析することを指す。実験はシンプルであるほど結果の確認が簡単になり、迅速に効果を上げることができる。  本稿では、実験を行うために必要な7つのルールを中心に、効果的な結果を得る方法を解説する。

エリック T. アンダーソンノースウェスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 教授

ダンカン・シミスターマサチューセッツ工科大学 スローン・スクール・オブ・ビジネス 教授

PDF論文:12ページ[約2,383KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない