2011年3月号

プロフェッショナル人生論

「人生のジレンマ」を克服するために

クレイトン M. クリステンセン :ハーバード・ビジネス・スクール 教授

クレイトン M. クリステンセン

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

筆者のクレイトン M. クリステンセンは『イノベーションのジレンマ』などで知られる経営学者だが、本稿はビジネスを論じたものではなく、彼自身が人生の意味を見つけるうえで役立った指針を、ハーバード・ビジネス・スクールの2010年の卒業生に語ったものである。この考えの根本にあるのは彼の厚い信仰心だが、指針自体はだれにでもその活用できるため、HBRで紹介された。 本稿では、クリステンセンが授業の最後に問いかけるという、3つの質問(経営の理論をキャリアや家族について当てはめてみる)を紹介し、人生の目的を考えることの重要性を説く。時間、エネルギー、能力という人生における資源の配分を考える際には、長期的な視点を持つことを勧める。また、間違った行為に伴う限界費用は、「この一度だけ」であればいつでも小さく思われ、それが、人生を誤らせてしまうとも警告する。そして最後に、人生を評価する物差しを持ち、人生の終わりに成功だったと評価できるように毎日を過ごすべきだと、アドバイスする。

クレイトン M. クリステンセンハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF論文:11ページ[約1,933KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない