2011年4月号

「見てみぬふり」は罪である

ストーリーが倫理観を覚醒させる

メアリー C. ジェンタイル :バブソン大学 シニア・リサーチ・スカラー

メアリー C. ジェンタイル

バブソン大学 シニア・リサーチ・スカラー

ある家電メーカーの経理担当マネジャーに昇進したジョナサンは、異動先の職場の不正に気づく。ボーナス報酬額をかさ上げするため、次の四半期の売上げが今期に計上されようとしていたのだ。どうもこれまでもたびたびあったことらしい。 会社にダメージを与えかねない不正だが、ここで声高に倫理を主張し、同僚と気まずくなるのは避けたい、黙っているのがいいのか──これが不正を目撃した時に多い反応ではないだろうか。 「見てみぬふり」ではなく、この問題に率直に物申すには、社会心理学の知見もさることながら、マネジャーが実際にどのように倫理的な行動を貫いたかのストーリーが参考になるという。 本稿では、まず「見てみぬふり」を正当化する口実について分析した後、筆者が4年間にわたってさまざまな企業のマネジャーから聞き取ったストーリーから、倫理的問題に対してきちんと意見を述べるための方法を伝授する。

メアリー C. ジェンタイルバブソン大学 シニア・リサーチ・スカラー

PDF論文:9ページ[約1,209KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない