2013年8月号

[第10回]「フィリップスにできるなら、われわれにだってできる」

盛田昭夫 グローバル・リーダーはいかにして生まれたか

森 健二 :ジャーナリスト

森 健二

ジャーナリスト

 1953年8月12日、盛田昭夫は初めて海外出張に飛び立った。ニューヨークまで50時間もかかる長旅である。  初めてのアメリカで、盛田はそのスケールに完全に打ちのめされてしまった。  しかしその後ヨーロッパをめぐり、フォルクスワーゲン、メルセデス、シーメンスと見学を重ね、オランダのフィリップスでついに一つの手ごたえを得る。  それが「世界のソニー」へのインサイトだった。

森 健二ジャーナリスト

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない