2013年8月号

スタートアップ4.0

再び大企業の時代へ

スコット D.アンソニー :イノサイト・アジアパシフィック マネージング・ディレクター

スコット D.アンソニー

イノサイト・アジアパシフィック マネージング・ディレクター

 イノベーションをめぐる世界が劇的に変化している。個人発明家が活躍した第1期、企業内研究所が中心だった第2期を経て、ベンチャー・キャピタリストの支援を受けたスタートアップ企業が登場したのが第3期である。その後、イノベーションが容易かつ低コストになり、大企業は起業家的な行動を採り入れ始め、大企業独自の強みを活かしたビジネスモデルのイノベーションが増えてきた。その結果、スタートアップ企業が優位性を持続しにくくなっている。  第4期のいま、大企業内で起業家精神に富んだ「カタリスト」(触媒)を中心に、企業のリソース、規模、機動力を活かしてグローバル課題に取り組む、新しい形のイノベーションが生まれている。それには、オープン・イノベーション、意思決定の簡素化、失敗に寛容な文化など、カタリストが活躍できる環境を整備し、目的意識を持って取り組まなくてはならない。  本稿では、メドトロニック、ユニリーバ、シンジェンタ、IBMの事例を紹介する。

スコット D.アンソニーイノサイト・アジアパシフィック マネージング・ディレクター

PDF論文:15ページ[約2,319KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

2008年6月号

組織で女性の力を生かす

ジェンダーフリーの論点

石倉 洋子 一橋大学 名誉教授

小池 百合子 衆議院議員

國井 秀子 リコーソフトウエア会長

本広 好枝 日産自動車インド事業室長

佐々木 かをり イー・ウーマン代表取締役社長

内永 ゆか子 ベネッセコーポレーション取締役副会長

和田 浩子 Office WaDa代表

ロイ・アドラー ペパーダイン大学教授

リンダ・バブコック カーネギーメロン大学ジェームス M. ウォルトン記念講座教授(経営学を担当)であり、社会・意思決定科学部学部長。

サラ・ラシェバー ライター

ミシェル・ジェルファンド メリーランド大学教授

デボラ・スモール ペンシルバニア大学ウォートン・スクール助教授

キム・キャンベル 元カナダ首相

グローバル・アントレプレナーシップ・モニター 

シーラ・ウェリントン 元カタリスト理事長

マーシア・ブルーミット・クロップフ 元カタリスト副理事長

ポーレット・R・ジャーコビッチ ブーズ・アレン・ハミルトン シニア・マネジャー

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない