第31位 コンスタンチノス(コスタス)・マルキデス(Costas Markides)
<『戦略の原理』から社会問題まで>

第32位 トーマス・L・フリードマン(Thomas L. Friedman)
<『レクサスとオリーブの木』『フラット化する社会』常に話題を提供>

第33位 タマラ・J・エリクソン(Tamara J. Erickson)
<「退職という概念はもう古い」マッキンゼー賞受賞>

第34位 ジョン・コッター(John Kotter)
<リーダーシップ論、第一人者。著作は不動のテキスト>

第35位 エイミー・C・エドモンドソン(Amy C. Edmondson)
<バックミンスター・フラーの下で働いた異色の学者、「チーミング」提唱者>

第36位 ヨーナス・リッデルストラレ(Jonas Ridderstråle)
    シェル・ノードストレム(Kjell Nordström)

<スウェーデン出身のパンクな(?!)学者2人組>

第37位 ハワード・ガードナー(Howard Gardner)
<多重知能理論で知られる世界最高峰の認知科学者>

第38位 ヘンリー・チェスブロウ(Henry Chesbrough)
<「オープン・イノベーション」の概念を広めた世界的権威>

第39位 ダニエル・ゴールマン(Daniel Goleman)
<「EQ 心の知能指数」で世界を席巻したベストセラー著述家>

第40位 ビニート・ナイア(Vineet Nayar)
<インドの急成長IT企業、HCLテクノロジーズCEO>