2013年7月号

クリエイティブはあなどれない

巧みなアイデアを持つ6つのキャンペーン

ジュリア・カービー :『ハーバード・ビジネス・レビュー』エディター・アット・ラージ

ジュリア・カービー

『ハーバード・ビジネス・レビュー』エディター・アット・ラージ

 インターネットの登場とさまざまなテクノロジーの進化は広告を大きく変えた。ウェブ上の広告には優秀なアート・ディレクターのアイデアは見受けられないし、テクノロジーを活用した広告最適化技術や検索ワードに基づく広告掲載などを見れば、すでに広告はアートではなく、科学と化したと考える向きも多いだろう。斬新で創造性にあふれた広告表現は、過去のものとなってしまったのだろうか。  本稿では、巧みなアイデアで自社のメッセージを伝えるワンダフル・ピスタチオ、コカ・コーラ中国、マークス・アンド・スペンサーなど6つの広告キャンペーンを取り上げ、広告の新たな可能性を探る。企業は物を売る限り、消費者を説得しなければならない。広告における創造性は留まることはないのだ。

ジュリア・カービー『ハーバード・ビジネス・レビュー』エディター・アット・ラージ

PDF論文:9ページ[約1,935KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない