2013年7月号

DMP:本格化するデジタル・マーケティング

データ・マネジメントが広告の基盤となる

横山 隆治 :デジタルインテリジェンス 代表取締役

横山 隆治

デジタルインテリジェンス 代表取締役

 いまやマーケティングはデジタル要素抜きに遂行できないが、デジタル・マーケティングはデジタル領域だけに特定されるものではない。デジタルを使って初めて得られるファインディング(発見)を活かし、従来のマーケティング思考や手法そのものを大きく変革・発展させるものである。  とりわけ、ビッグデータ時代のマーケティング活用先としてにわかに注目を集めているのが、DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)である。今後はDMPの戦略的活用がマーケティングの成否を分けるといっても過言ではないだろう。  デジタル・マーケティングは、新たな取り組みにいち早く挑戦するマーケターほど得るものが大きい世界だ。他社の事例を待つのではなく、また広告代理店に頼るのではなく、自社でチャレンジする現場の意志と、早期の経営判断が何よりも重要である。

横山 隆治デジタルインテリジェンス 代表取締役

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない