2013年7月号

携帯端末への広告表示は嫌われる

アプリで成功する5つの戦略

スニル・グプタ :ハーバード・ビジネス・スクール 教授

スニル・グプタ

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

消費者のメディア利用時間のうち、携帯電話は10%を占めるまでになった。この新しい機器が広告媒体として注目されているが、現世代の表示画面ではモバイル広告は逆効果とさえいえる。ユーザーは、ウェブ以上にモバイル機器をパーソナルな空間として認識しており、むやみに広告が出てくることを嫌う傾向があるのだ。携帯端末には広告よりも、むしろアプリが有効である。携帯電話の使用時間のうち、アプリの利用時間が82%となっている。このアプリ上で顧客との長期的な関係をつくるような仕組みづくりこそ最適な活用手段である。アプリ開発にはゲームをつくるようなノウハウが必要だが、いまやそのようなスキルを備えた技術者は増大している。コスト面でもモバイル広告よりもアプリ制作が上回っているのだ。本稿では、アプリで成功する5つの戦略を取り上げ、消費者の生活の質を高めることで、長期的な価値を提供するコミュニケーションを取ることを推奨する。

スニル・グプタハーバード・ビジネス・スクール 教授

PDF論文:8ページ[約1,700KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない