2011年6月号

[新訳] 戦略とインターネット

競争のルールも競争優位の源泉も変わらない

マイケル E. ポーター :ハーバード大学 ユニバーシティ・プロフェッサー

マイケル E. ポーター

ハーバード大学 ユニバーシティ・プロフェッサー

インターネット(そしてデジタル化)への過大な期待と浅薄な予測によって、およそ賢明とはいえない主張や行動が招かれた。たとえば、この新しい技術は、マネジメント、ビジネス、製品やサービス、企業や人材など、ありとあらゆる分野で新旧交代を起こし、それはまさしく第2の産業革命である。ネットの世界では、いち早くブランドの認知を獲得し、顧客基盤を築き、スイッチング・コストを上昇させることで、持続的に成長できる──。こんなことが信じられていた。

ポーターは、このような主張がいかに根拠に乏しく、また間違っているか、「業界構造」と「持続的な競争優位」という2つの視点から徹底的に検証する。また、どのようにインターネットを利用すれば、ポーター戦略論の核である独自の戦略ポジショニングを確立できるのかについて論じる。

本稿を理解すれば、IT関連のバズワードやトレンドに惑わされることなく、常に本質を追求できるだろう。

PDF論文:30ページ[約2,551KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない