2013年5月号

[第7回]“手で考え足で思い”、「会社を成り立たせるものをつかむ」

盛田昭夫 グローバル・リーダーはいかにして生まれたか

森 健二 :ジャーナリスト

森 健二

ジャーナリスト

 東京通信工業が設立された1946年から50年末までの約5年間を、盛田昭夫は「創設期=註文生産時代」と位置づけている。  ラジオをつくれば食べていけるにもかかわらず、井深大はあえてそれを禁じ手とした。それは資金繰り、そして会社を何で成り立たせていくかに悩みながらも、官公需からコンシューマー市場へと軸足を変えるための第一歩だった。

森 健二ジャーナリスト

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない