2013年5月号

ドリーム・チームは機能するか

最強の人材をそろえて最高の成果を出す法

マイケル C. マンキンズ

マイケル C. マンキンズ

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

アラン・バード

アラン・バード

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ジェームズ・ルート

ジェームズ・ルート

ベイン・アンド・カンパニー パートナー

 優秀な人材とそうでない人材のパフォーマンスの差は大きい。筆者たちの調査によれば、さまざまな職業を合わせて平均すると、最も優秀な人材の生産性はそうでない人材の4倍にもなるという。  しかし、企業が大きな課題に取り組む際に最強の社員をそろえてチームを編成することはあまりない。それは、メンバーそれぞれのエゴに引きずられ、オールスターのチームはうまく機能しないと考えられているからだ。はたしてこれは真実だろうか。常識的に考えれば、優秀な人材をチームにそろえれば、各人がもたらす生産性とパフォーマンスの面での有利さは何倍にもなるだろうし、それぞれの発想が組み合わさって思いも寄らない独創性やアイデアが生み出されるのではないか。  本稿では、ボーイングなどの事例を挙げながら、最強の人材を集めた最強のチームづくりにおける編成やマネジメント上の注意点について論じる。

マイケル C. マンキンズベイン・アンド・カンパニー パートナー

アラン・バードベイン・アンド・カンパニー パートナー

ジェームズ・ルートベイン・アンド・カンパニー パートナー

PDF論文:9ページ[約1,458KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない