2013年5月号

キャリアの創造的破壊

内面のイノベーションで自己成長を促す

ホイットニー・ジョンソン :ローズパーク・アドバイザーズ 共同創業者

ホイットニー・ジョンソン

ローズパーク・アドバイザーズ 共同創業者

 アメリカでは、転職経験があることは珍しくないが、最近増えつつあるのが、前職から大きな転身を図って成功している人々である。一見すると脈絡のないキャリアを積んできたように見えるが、クレイトン M. クリステンセンの破壊的イノベーション理論を個人のキャリアに適用すると、異なる見方ができる。  破壊的キャリアで成功している人々は、破壊的イノベーションを行う企業と同様、「より効果的に満たせるニーズに照準を当てる」「自分の破壊的な強みを明確にする」「成長のために一歩戻り、脇道を行く」「キャリア戦略を創発する」という4つの原則に従っている。  現状維持では衰退するだけだと思えば、自分の内面でイノベーションを起こし、さらなる成長を目指せばよい。現在の組織ではこれ以上の成長が見込めなかったり、一定の地位に昇り詰めても満足感が得られなければ、破壊的キャリアを目指すほうが精神的、社会的な充足感も含めた恩恵は大きい。

ホイットニー・ジョンソンローズパーク・アドバイザーズ 共同創業者

PDF論文:9ページ[約1,660KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない