2011年7月号

失敗からしか学べない

P&G前CEOが語る

アラン G. ラフリー :前 ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー会長兼社長兼CEO

アラン G. ラフリー

前 ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー会長兼社長兼CEO

10年にわたってP&Gの経営トップを務めたアラン・ラフリーは、2010年に会長職を退いた後、個人や組織に対するコンサルティングやコーチング、教育活動へと軸足を移した。近年の最も成功した経営者の一人として知られるラフリーは、CEO在任中、多くの新ブランドを生み出し、同社の成長を牽引したが、その土台には多くの失敗からの学習が欠かせなかったという。 本稿では、イノベーションとその失敗におけるP&Gの事例と、そこからリーダーが学ぶべき教訓をラフリーみずからが語る。新製品発売におけるライバル・クロロックスとの攻防、ジレットの買収後のシナジー創造、処方薬と市販薬ブランドのM&Aにおける社内調整の失敗など、当事者ならではの視点から、失敗がどのような状況で生まれるか、失敗を組織的に生かすことができる企業文化をいかに創造するか等を解説する。

アラン G. ラフリー前 ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー会長兼社長兼CEO

PDF論文:7ページ[約1,339KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない