2011年7月号

失敗と責任の心理学

「他責的」「無責的」「自責的」のカテゴリーから見る

ベン・ダットナー

ベン・ダットナー

ニューヨーク大学 特任教授

ロバート・ホーガン

ロバート・ホーガン

元 タルサ大学 心理学部長

物事のとらえ方は人によってさまざまだ。特に仕事上の失敗の場面でそれは顕著に表れる。だれから見ても大きな失敗であったとしても、受け止め方はかなり異なるものだ。 本稿では、数十万人のマネジャーのデータを使って、失敗に対する態度に問題のありそうな11のタイプを特定した。実にアメリカ人の70%がいずれかに当てはまる。さらに、これら11タイプは、心理学者リール・ローゼンツァイクが提唱した「他責的」「無責的」「自責的」の3つのカテゴリーに分けられる。それぞれ、失敗への対応に問題を抱えているが、自分のタイプを認識して内省し(自己認識力)、自分の行動や態度が他人にどう受け取られているかを理解し(政治的認識力)、周囲との対話など、これまでとは違うやり方を身につけることで、失敗への対応はかなり改善される。失敗と責任に正しく向き合うことがマネジメントの成功には欠かせない。

ベン・ダットナーニューヨーク大学 特任教授

ロバート・ホーガン元 タルサ大学 心理学部長

PDF論文:10ページ[約1,379KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない