2013年4月号

賢明な情報開示が、健全な市場を築く

スマート・ディスクロージャーの進展

リチャード H.セイラー

リチャード H.セイラー

シカゴ大学 ブース・スクール・オブ・ビジネス 教授

ウィル・タッカー

ウィル・タッカー

アイデアズ42 バイス・プレジデント

 先進テクノロジーとスマート・ディスクロージャー(洗練された情報公開)という新たな政策がうまく連動して、経済のさまざまな分野の仕組みが変わろうとしている。政府のデータや民間企業の公開情報は、次第にコンピュータで読み取り可能な形式で入手できるようになり、「選択エンジン」と呼ぶ新サービス、すなわちデータを集約する技術の普及に拍車がかかるだろう。この動きは企業にとって、脅威であると同時に大きなビジネスチャンスになりえる。  情報開示の進展によって市場の効率性が高まると、欺瞞や目くらましなどの手段を用いて、あるいは消費者の怠慢に乗じて市場シェアを得ていた企業は、形勢が不利になる。一方で、価値の高い商品を合理的な価格で提供する企業は、繁栄するはずである。選択エンジンの進歩と普及は、多大なる影響を経済や消費者の暮らしに及ぼすはずであろう。

リチャード H.セイラーシカゴ大学 ブース・スクール・オブ・ビジネス 教授

ウィル・タッカーアイデアズ42 バイス・プレジデント

PDF論文:15ページ[約3,758KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない