2013年3月号

世界のCEOベスト100

業績データのみでランキングを決定する

ハーミニア・イバーラ

ハーミニア・イバーラ

INSEAD 教授

モルテン T. ハンセン

モルテン T. ハンセン

カリフォルニア大学バークレー校情報大学院 教授 INSEAD 教授

ウルス・ペイエ

ウルス・ペイエ

INSEAD准教授

2010年にINSEADの3人の研究者が発表した全在任期間にわたるCEOの業績を再び調査し、ランキングを作成した。今回は前回よりも新興市場を中心に対象層を拡大し、最終的に3143人の分析を行った。それにより、グローバル比較が行いやすくなったほか、社会・環境面への取り組みも評価できるようにした。
前回と同じく、第1位に輝いたのはアップルのスティーブ・ジョブズである。しかし、第2位にアマゾンのジェフ・ベゾスが入るなど、ベスト100の顔触れには大きな変化が見られた。高業績につながる諸要因を分析していくと、全体的には前回と同じ傾向が見られたが、国や地域ごとの違いも浮かび上がってきた。
最近は企業に対して、経済面だけではなく、社会面や環境面での貢献が重視されるようになっている。しかし、そうした側面と財務業績との相関関係は見出されなかった。両方で卓越した業績を出すことは難しいが、ロール・モデルとなる企業やCEOの存在が明らかになった。

ハーミニア・イバーラINSEAD 教授

モルテン T. ハンセンカリフォルニア大学バークレー校情報大学院 教授 INSEAD 教授

ウルス・ペイエINSEAD准教授

PDF論文:24ページ[約2,303KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない