2013年3月号

経営の基本はいまだ通用するか

マネジメント理論の真価を問う

ニコラス・ブルーム

ニコラス・ブルーム

ハーバード・ビジネス・スクール 講師

ラファエラ・サドゥン

ラファエラ・サドゥン

ハーバード・ビジネス・スクール 講師

ジョン・ヴァン・リーネン

ジョン・ヴァン・リーネン

ロンドン・スクール・オブ・エコノミックス・アンド・ポリティカル・サイエンス センター・フォー・エコノミック・パフォーマンス ディレクター

「優れた経営手法を実践する企業ほど成功する確率が高い」というのは本当だろうか。何千社もの企業を調査し、この一見当たり前の、長年にわたり信じられてきた前提条件を真正面から再検証し、時の試練に耐えうるかどうかを確かめたのが本稿である。  さらには、企業経営のみならず、教育や医療が抱える欠陥など世界共通の複雑な課題においても、優れた経営が実際の改善につながるかどうかに迫っていく。  経営改善というスローガンは、平凡で手垢がついたものに思われるかもしれない。だが、収益や生産性、あるいは世界じゅうで必要とされる重要なサービス提供に与える潜在的効果を考えると、実は経営改善というのはきわめて大きな変化をもたらす過激な提案なのだ。

ニコラス・ブルームハーバード・ビジネス・スクール 講師

ラファエラ・サドゥンハーバード・ビジネス・スクール 講師

ジョン・ヴァン・リーネンロンドン・スクール・オブ・エコノミックス・アンド・ポリティカル・サイエンス センター・フォー・エコノミック・パフォーマンス ディレクター

PDF論文:9ページ[約1,703KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない