2013年3月号

これから始まる新しい組織への進化

階層組織とネットワーク組織を共存させる

ジョン P. コッター :ハーバード・ビジネス・スクール 名誉教授

ジョン P. コッター

ハーバード・ビジネス・スクール 名誉教授

ハーバード・ビジネス・スクール松下幸之助記念リーダーシップ講座名誉教授。Leading Change, reissued with a new preface by Harvard Business School Press, 2012.(邦訳『21世紀の経営リーダーシップ』日経BP社、1997年。2002年『企業変革力』に改題)、ダン S.コーエンとの共著The Heart of Change, reissued by Harvard Business Review Press, 2012.(邦訳『ジョン・コッターの企業変革ノート』日経BP社、2003年)、ローン A.ホワイトヘッドとの共著Buy-In: Saving Your Good Idea from Getting Shot Down, Harvard Business Review Press, 2010.(邦訳『ハーバード流 企画実現力』講談社、2011年)など、17冊の著書がある。コッター・インターナショナルの共同創業者である。

 変化のスピードが速く方向性も見えない時代において、従来型の階層組織では、変化に対応できない。その一方で、事業を効率的に運用していくうえで階層組織がいまなお最も効果的であろう。  この組織形態を維持しつつ、変化を先取りし迅速に事業転換していく組織にするには、ネットワーク組織を共存させることである。役職も部署も異なるボランティアから構成されるネットワーク組織のメンバーは、既存の階層組織にも籍を置く。そのうえで、メンバーは全員がリーダーシップをもって社内のあらゆる問題に対し解決策を策定し、実行していく。当然、階層組織のトップのコミットも必要である。  この形態は、組織をコンピュータのOSに例え、「デュアルOS」と呼ぶ。  本稿では、組織論の大家であるジョン・コッターが、著書『企業変革力』の考えをさらに膨らませ、組織変革を確実に実現させる組織のデュアルOSシステムを提唱し、その8つの実践メカニズムを紹介する。

ジョン P. コッターハーバード・ビジネス・スクール 名誉教授

PDF論文:17ページ[約2,378KB]
論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない