2013年3月号

【インタビュー】これからの競争優位

新たな課題が新たなチャンスへ

マイケル E. ポーター :ハーバード大学 ユニバーシティ・プロフェッサー

マイケル E. ポーター

ハーバード大学 ユニバーシティ・プロフェッサー

「5つの競争要因」や「バリューチェーン」の考え方を提唱し、企業戦略論において研究者や経営者に最も影響力を及ぼしてきたのがマイケル・ポーター教授である。  30年前に提唱されたこれらの理論は、企業を取り巻く環境が大きく変わった今日でも通用するものなのか。また、近年、ポーター教授が発表した「共通価値」の原則は、企業の置かれた環境が変わったからこそ、生まれた概念なのだろうか。経営環境が節目を迎える今日、従来の経営学で考えられてきたことがどのように変化するのだろうか。  ポーター教授は、これまでの理論が変わることはないと力説する。そのうえで、企業が経済価値のみを追求することが、自社の競争力を弱める時代に突入したという。本稿では、マイケル・ポーター教授本人に、これからの競争優位について語ってもらった。

マイケル E. ポーターハーバード大学 ユニバーシティ・プロフェッサー

PDF論文:10ページ[約2,107KB]
無料:論文セレクションをご利用の方は、ログインをお願いします。

これより先は、定期購読者様のみご利用いただけます。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない